リードの寿命はいつまでなのか問題


「オーボエリード作ってます」とか「販売してます」と話すと、

よく聞かれるのが「リードってどのくらいもつの?」というご質問です。

 

とても答えにくい質問なのですが(笑)、私は「だいたい1本あたり1ヵ月くらい」と言っています。

あんまり細かくお話ししても、相手が知りたいのはそこじゃないし、

「オーボエって手間のかかる楽器だな」って思われるだけですからね。。。

リードの寿命は「使用頻度×リードの材質」


私はリードの寿命は「使用頻度×リードの材質」で決まると思っていて、一概に「何日」とは言えません。

 

振動しなくなった時(自分が満足できる鳴りがなくなった時)が“寿命”と言えます。

 

私の場合だと、1日のリハーサル&本番で良いリードが半分くらい消耗し、もしかしたらもう1回くらい吹けるかな?という感じで、一応吹いてみて振動が減ってたら合奏用とか個人練習用になっていきます。

(プロのオケマンはもっと激しいと思います(^_^;))

 

リードは、吹けば吹くほど振動は右肩下がりで減ります。

 

リードの素材は、葦です。天然素材なので個体差が本当にスゴイです。

硬くてハリがあるのもあれば、柔らかくてコシがないものもあります。

 

最初からいい感じで振動するリードは(私には)柔らかすぎるので、合奏で使ったらすぐにヘタってしまいます。

逆に、最初に少し元気すぎる振動があったほうが、長持ちしたり。。。

 

だから、完成リードを購入するときは少し元気めなリードを選んだほうがいいと思うし、

リード作りをする人は振動を多めに出すところから調整を初めてほしいと思います。

ちなみに、私のリード事情は


私が高校生の頃、完成リードを1ヵ月に2本買っていました。

 

使用条件は…

 

・平日は毎日、15:30~18:00練習

・土曜日は13:00~18:00練習

・日曜、祝日は9:00~18:00練習

 

です。(^_^;)

 

単純計算、月に102時間の練習をリード2本で乗り切っていたワケです。

 

上記に加え、朝練・昼練・放課後練と吹く時間はどんどんプラスされますから…

リード目線ではかなりブラックな労働環境です。

 

最初の一週間くらいは快調に吹けますが、だんだん振動が減って鳴らなくなるし、どこかにぶつけて先端は欠けるしで、買い物直前は可哀想なリードしかケースに入っていませんでした。

 

こんなに吹く部活があったら、ぜひ月に3本くらいは用意してあげたいです。

顧問の先生、トレーナーの先生、ぜひお願いします!

 

大学に入り、自分でリードを作るようになってからは、

 

月に1回、一度に6本くらい作る

⇒ 良いのとイマイチのに分ける

⇒ イマイチのでリードで個人練習して、レッスンや発表会にむけて良いものを調整していく

 

というサイクルを繰り返してやりくりしていました。

 

たくさん作っても仕上げが甘いと役に立たないままだし、数を作らないと母数が増えないから“アタリ”に巡り合う確率も下がります。

 

そんな私が一番リードの品質が安定していて、レッスンの中でも師匠からリードについて指摘されることはほとんどありませんでした。

 

ちなみに6本という数字は、師匠が新しいチューブや材料や型を試すときに6本1セットで作っていると聞いたからです。

 

5本だと結果が3:2になった時に良し悪しの判断がつきづらいですが、6本だと4:2なら採用、2:4なら不採用、3:3ならまぁまぁ…もう一回作ってみるか!となるし、6本以上だとどれが良さそうでどれがイマイチなのか、途中経過が覚えていられない。

リードの寿命を延ばすことはできるのか


私は「寿命を延ばすことはできない」と思っています。

 

大変残念ですが……

どんなリードも最後は鳴らなくなり、反応が悪くなり、開きがぺしゃんこになります。

 

でも、「寿命までしっかり吹き倒す」ことは可能です。

 

良いリードは本番で使い、

振動が少なくなってきたら練習用にして(表面を少し削ってあげるとラクに鳴らせます)、

さらに振動しなくなってきたら個人練習で指をさらう時に使い(音が出ればいいやというレベル)、

いよいよ「このリードで練習してもストレス溜まるな」となったらナイフで削りの練習用に。

 

オーボエ奏者はとにかくリードいじりに時間をとられすぎてしまうので、限られた時間を有効活用するためにも、せっかく出会ったお気に入りのリードで120%の練習をしてほしいと思います(^^)

リード調整レッスンも行っています


リードの表面をササっと削るだけで振動が少し蘇ったりしますので、「もう終わり…」と思ったリードも練習用くらいにはなったりします!

 

また、市販の完成リードをあと1歩自分好みに近づけたいという方も多いので、

・重い

・反応が悪い

・ピッチが下がる

といった症状の時に、どこを削ればいいのかをレクチャーいたします。

 

リードでお悩みの方の参考になれば嬉しいです。

どうぞお気軽にお問い合わせください♪

 

お問合せはコチラ